2018年02月27日

木材の経年変化例

今日は当社施工の経年変化例です。
材はアマゾンジャラデッキで、この木材の経年変化例のご紹介は初めてです。
担当者は施工直後の写真も撮っていたのですが、造園が仕上ってなかったため、施工後3年になる今回、写真を撮らせていただきました。
雨がぱらぱらするあいにくの天気でしかも夕方。
ちょっと暗いですのが残念ですけど、どうぞご覧下さい。

2層にわかれたウッドデッキです。
贅沢なつくりですね。
いい具合に年齢を重ねていました。
アマゾンジャラはすっかりシルバーグレーに落ち着いています。
植栽とウッドデッキがお互いに引き立てあっています。
この味わいは人工木材や塗装では表現できません。

年月が経過しても荒れない植栽。
造園プランナーさんの技術です。

樹木の下は実や落葉の影響で少し濃くなっています。
白とグレーがムラになっている板は、アマゾンジャラによく見られる「トラ目」です。
トラ目はギターのボディ材では高付加価値材として扱われています。
28279378_1856460137762492_5050147574472311778_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

車の運転に自信をなくして

今週もよろしく。
車の運転に自信をなくしてきている私ですが、昨日またやってしまいました。
事故ではありませんが、高速道入り口を2回間違えました。
義理の母の49日で富田林から宝塚に行きました。行きは阪神高速を利用しましたが、帰りは道を変えようと思い、中国縦貫道から近畿自動車へ入るつもりが、なんと、名神高速に入りました。
仕方がないので茨木インターで下り、2キロほど戻って近畿自動車に入る予定で運転しましたが、いつまでたっても入り口が見えてきません。気がついてナビを見ると、はるかに過ぎ去っています。
しかたがないので一般道で吹田、梅田経由で阪神高速に入り、富田林に戻ったわけです。
予定より1時間遅れてしまい、会社で待っている社員に迷惑をかけてしまいました。
情けないのはもう30年以上も通いなれた道で2回も間違ったことです。とほほ。
気持ちを新たにして今週から頑張ります。
写真は今朝の路傍の花。
28471145_1825844500779445_3143967556763004658_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

レッドシダーデッキ

本日の施工例紹介は羽曳野市K邸レッドシダーデッキ。
昨年9月の施工です。
奥様の洗濯物干しの負担軽減と子どもたちの遊び場として、
お庭の平坦な部分全面にウッドデッキを施工しました。
造園をやり直すのは結構な費用がかかりますが、ウッドデッキなら比較的手軽に
お庭をリフォームすることが可能で、建築の印象まで変化させることができます。
以下担当者からの話です。
他社の見積提案をすでに受けられていたのですが、それを拝見させていただいてびっくり!
人工木材での見積の但し書きに、「レッドシダーの場合は9万円アップとなります。」とのこと。
材料費では断然レッドシダーの方が安いはずなのですが、人工木材デッキはアルミテラスやカーポートを施工する職人さんでもできるようになっているので、おそらく無垢材のウッドデッキの施工費用より安くなっているということでしょう。
土間から向こう側のお庭の端まで細長いウッドデッキを施工します。
10年程度もてば良いとのご要望でしたので、木材はレッドシダーです。
植木がたくさんあるお庭なので手摺は無いほうが馴染みますね。
もぐらたたきのように室外機が顔を覗かせています。
28168035_1851296694945503_5679611439280533953_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする