2018年01月17日

木製フェンス

今日は目隠しフェンスの設計施工で担当者が相当苦労した例をご紹介します。
物件はアパートにフェンス今日は目隠しフェンスの設計施工で担当者が相当苦労した例をご紹介します。
物件はアパートにフェンスとウッドデッキ3カ所を施工したものです。
縦格子の連続というコンセプトは最初から決まっていたのですが、
そこに柱が見えるとイメージが崩れるという施主様の意向がありました。
外から柱が見えないようにするというものです。
そこで担当者は相当悩んだようです。とウッドデッキ3カ所を施工したものです。
縦格子の連続というコンセプトは最初から決まっていたのですが、
そこに柱が見えるとイメージが崩れるという施主様の意向がありました。
外から柱が見えないようにするというものです。
そこで担当者は相当悩んだようです。20180115.jpg
posted by 中川@wood at 13:40| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

一般住宅のウッドデッキ施工例

今日は当社の一般住宅の施工例をご紹介します。
宝塚市のO邸です。最初にショールームにご来場いただいてからほぼ3年になります。

基本プラン完成、契約から1年、ようやく完成しました!

予算が合わず、他社にすると連絡され、ご縁がなかったものと諦めたところ、数ヶ月後、再度お客様からアプローチがある、というようなことが時折あります。

このお客様も長期になりましたが、担当者を信じて下さり、任せてくださいました。
20180111.jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

東京都Oさんのハードウツドのデッキ体験談

東京都 Oさんのハードウツドのデッキ体験談
自宅新築時に製作したウッドデッキが傷んできたので、新しいウッドデッキそれもハードウッドのものを作ろうと思いいろいろとネットを見ていたところ、こちらの商品にたどり着きました。製作するうえで一番懸念していたのが、庭の土地を整地してうまく束の高さ調整と水平出しができるかということだったのですが、調整束であればその点は問題無くクリアできるだろうと思い製作に踏み切りました。1日目は古いウッドデッキの解体と簡単な整地、2日目は束石の設置から床板並べまで作業しました。体験談で大引き設置後の調整束のカットが大変との記載があり覚悟していたのですが、新型の調整束になっており、ビス打ちだけで簡単に束と大引きの設置ができて楽でした。翌日ビス打ちをしようと思っていたのですが、思いがけず雨に降られてしまい作業を断念。一週間後に持ち越しました。ところがここでトラブル発生。置いてあるだけにもかかわらず、床板を動かそう としても微動だにしません。困り果てて会社に電話したところ、休日にもかかわらず丁寧に対処方法を教えていただきました。教えていただいた通り、鋸でスペーサーを数枚カットして取り除いたら床板を1枚外すことができ、その後は簡単に動かすことができました。雨によるスペーサーの膨張で床板同士が隙間なく押し合う状態になってしまったのが原因かと思われます。その後は順調に作業が進み、無事完成することができました。床板に反りのあるものがあったことと、一緒に購入した束石が正方形ではなく一辺だけ5ミリほど短い状態のものだったことが気になりましたが、どちらも製作上は大きな問題はなく、DIYを楽しみながら作業することができました。製作サイズは間口2,930×奥行2,100で、あと500ほど間口が大きくても良かったかなとも思いましたが、完成したものにはとても満足しています。ありがとうございました。
17ko-2[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする