2018年03月01日

ウッドデッキ(キットデッキ)を


28468072_1829214097109152_168114584807281704_n[1].jpg
28280101_1829214910442404_1968313665574459481_n[1].jpg28471988_1829214670442428_8353126370300628328_n[1].jpgおはようございます。今日はお客様が製作されたウッドデッキ(キットデッキ)をご紹介します。組み立て途中の写真とお客様の体験談です。以下茨城県Tさん体験談です。

束石は注文時点で仮設置してありましたので材料到着後は水平だけ確かめてすぐに組み立てを開始しました。下穴を十分にあけるなど慎重に施工したことと、サッシとの取り合いで鼻隠しの端部を切り落としたりの作業がありましたが組み立てマニュアルもわかりやすく特に問題なく施工できました。インパクトはアドバイスを参考に思い切って135kNのものを購入しました。途中で片側の四角ビットが欠けましたが残ったビットで最後まで大丈夫でした。一人で全て施工しましたが最後のサンドペーパーがけと並行して自作した階段(レッドシダー)まで含めて所要時間は1.5日です。出来映えには大変満足しています。特にウリンの質感と木肌はすばらしくレッドシダーの階段を作りながら両者を比べることになりましたがその差は歴然です。
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | ウッドデッキ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

木材の経年変化例

今日は当社施工の経年変化例です。
材はアマゾンジャラデッキで、この木材の経年変化例のご紹介は初めてです。
担当者は施工直後の写真も撮っていたのですが、造園が仕上ってなかったため、施工後3年になる今回、写真を撮らせていただきました。
雨がぱらぱらするあいにくの天気でしかも夕方。
ちょっと暗いですのが残念ですけど、どうぞご覧下さい。

2層にわかれたウッドデッキです。
贅沢なつくりですね。
いい具合に年齢を重ねていました。
アマゾンジャラはすっかりシルバーグレーに落ち着いています。
植栽とウッドデッキがお互いに引き立てあっています。
この味わいは人工木材や塗装では表現できません。

年月が経過しても荒れない植栽。
造園プランナーさんの技術です。

樹木の下は実や落葉の影響で少し濃くなっています。
白とグレーがムラになっている板は、アマゾンジャラによく見られる「トラ目」です。
トラ目はギターのボディ材では高付加価値材として扱われています。
28279378_1856460137762492_5050147574472311778_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

車の運転に自信をなくして

今週もよろしく。
車の運転に自信をなくしてきている私ですが、昨日またやってしまいました。
事故ではありませんが、高速道入り口を2回間違えました。
義理の母の49日で富田林から宝塚に行きました。行きは阪神高速を利用しましたが、帰りは道を変えようと思い、中国縦貫道から近畿自動車へ入るつもりが、なんと、名神高速に入りました。
仕方がないので茨木インターで下り、2キロほど戻って近畿自動車に入る予定で運転しましたが、いつまでたっても入り口が見えてきません。気がついてナビを見ると、はるかに過ぎ去っています。
しかたがないので一般道で吹田、梅田経由で阪神高速に入り、富田林に戻ったわけです。
予定より1時間遅れてしまい、会社で待っている社員に迷惑をかけてしまいました。
情けないのはもう30年以上も通いなれた道で2回も間違ったことです。とほほ。
気持ちを新たにして今週から頑張ります。
写真は今朝の路傍の花。
28471145_1825844500779445_3143967556763004658_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする