2018年02月14日

半年前に施工したウッドデッキ

今日はハードウッドのアマゾンジャラを利用した物件をご紹介します。
当社施工担当者が半年前に施工したお宅を訪問して写真を撮ってきました。
今回は曇り空で、落ち着いて見えます。
施主さまは愛煙家なので、冬でも有効利用されているとのことです。
写真のように全体的に大きな反りなどありません。
27752286_1839324122809427_678282970824253856_n[1].jpg
担当者の話として、
アマゾンジャラが出回り始めた当初は、
反りや干割れなどの経年変化が人工乾燥処理によってどれだけ抑えられるのか心配でしたが、
今では自信を持ってオススメできます。
大きな干割れもありません。
小さな干割れは無数に生じますが、木目と同化して気になりません。
実際に触ってみると、見た目以上に滑らかでひっかかりません。
自然素材なので、その時のロットによっては品質差はあるかもしれませんが、
私が今まで見た限りでは、干割れの程度に関してはウリンより優れているように思います。
施主さまのアイデアによって実現したこの二段形状。
一石数鳥の利点があって実現しましたが、使ってみて初めて分かる利点もありそうです。
木材カットサンプルの状態を維持できるのは最初の数ヶ月だけです。
その後数十年間を存在し続けるこの姿を想像しながらプランニングすると、
いつまでも飽きの来ないものであり続けることができます。
28056713_1839325032809336_8904591593223013604_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

ウッドデッキにスロープを

今週もよろしくお願いいたします。火曜日からの週初めです。先週はとても充実し、嬉しいことがいろいろありました。今週もその延長で頑張ります。今晩は木材団地でケントギルバートさんの講演を聴くことができます。今から楽しみです。
当地ではめずらしく2日つづけての雪ですが、ワンちゃんが喜ぶこどの降雪量ではありません。午前中にはなくなってしまいそうです。自宅前の公園です。
27858325_1811769188853643_1550101523386946443_n[1].jpg

。最近ウッドデッキにスロープをつける方の相談を時々受けます。
当然ですよね。高齢化社会になってゆくのですから。
千葉県 Sさんからお便りを頂いていたのでここに写真とともに掲載します。
以下原文のまま
ウッドデッキをいろいろ検索しているうち、中川木材さんにたどり着きました、樹脂製のものにしようか迷いましたが天然木の魅力に惹かれました。車椅子用のスロープを注文するため数回メールや電話でやり取りしましたが、よく相談できたので要望どうりできました、素材もしっかりしていてよかったです、なにより事前に塗装されているため塗料の過不足がないことや木材のカットが少ないので端材が出ずむだがないことです、自分でやるとホームセンターに何度も足を運ぶことになります。今回このようなことがまったくありませんでした事前購入したのは大きめの束石及び防草シート、砂利ぐらいです。事前に基礎部分を先行して作っておいたので、届き次第本当にすぐ製作することが出来ました。
27657864_1837964082945431_3998516615191855559_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

まるでひのみやぐら

おはようございます。今日は最近よくある傾斜地のウッドデッキをご紹介します。
宝塚市S邸ウリンデッキ、造園業者さまの下請け工事でした。
現場は急斜面で、測量するにも担当者はズルズル滑りながらやってたらしいです。
基礎工事は造園業者さまにお願いしました。資材搬入も大変だったと思います。でも、狂いも少なく許容範囲内の位置に設置していただきました。
まるでひのみやぐらのようですね。

高いほうの束柱の長さで2mぐらいです。
大したことないように思いますが、これだけの傾斜地で重いウリンを頭の上まで上げて作業するのは、なかなかの仕事です。

じっと眺めていると、必死に踏ん張って立っているように見えてきました。

これだけの勾配ですので、床下構造はかなり頑丈に作っています。
柱に対して直角に取り付けてる部材を『根がらみ』、斜めに取り付けている部材を『筋交い』と呼んでいます。
いずれも柱とビス止めした上で、さらにボルトで固定しています。

さらに建物側は基礎にアンカーボルトで固定しています。
施工時の基礎への過度な負担をかけないため、高価ですがケミカルアンカーを使用しています。
柱と桁は中川木材オリジナルの固定金物で固定しています。
施工後数週間経過しているので、日に当たって少し色が濃くなっています。
分譲地の中でも高い位置のほうなので、見晴らしがいいです。

この区画の住宅は裏側がすべて傾斜地になっていますので、
軒並みウッドデッキを設置され、土地を有効利用されています。
ウリンあり、防腐木材あり、人工木材ありと、まるでウッドデッキの展示場です。

27858805_1807643582599537_8621530253608458323_n[1].jpg
posted by 中川@wood at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする